喪中はがき・寒中見舞いはがき印刷承ります。

喪中寒中トップ

はんこ屋さん21の喪中・寒中見舞いはがき印刷では、絵柄と文例を自由に組み合わせて、お好みのデザインで印刷することができます。
もちろん、お客様のオリジナル文章で作成することもできます。
はがきの印刷をご検討でしたら、見積相談無料のはんこ屋さん21へお任せください。

 

※受注期間:2019年8月~12月

 

喪中はがき印刷

喪中はがき

喪中はがきとは・・・・・
一般的に、本人から見て2親等以内にあたる近親者が亡くなった場合を『喪中』とし、その期間は慶事を避け喪に服すので“年賀状は出しません”と事前にお知らせする為の、年賀欠礼の挨拶状を『喪中はがき』と言います。
服喪期間とは・・・・・
読んで字の如く“喪に服す”ことを『服喪』と言い、喪中はその服喪期間中であるということを意味しています。
近親者の死を受け、それを悲しみ慶事に関わる気持ちになれない期間、あるいは『死』を穢れの一種と見て、その穢れを他者に移さないよう行いを控え身を慎む期間とされ、これまでの慣習等から親等によってその服喪期間は様々に異なります。
※親等ごとの服喪期間は過去の慣習等から出された凡その数字になりますので、あくまで目安としてご参照頂ければ幸いでございます。
喪中はがきを送る・・・・・
喪中とする範囲】上述の通り、通例は2親等以内の近親者が亡くなった場合を喪中とします。
しかし、最近では3親等以上でも、同居していたり親しい間柄にあった場合等で喪中とすることもあるそうです。
各服喪期間】一般に、自身から見て0~1親等にあたる配偶者・父母・養父母は1年程と見られています。
1親等にあたる自身の子供や、2親等にあたる祖父母・養祖父母の場合は半年程、これら以外の2親等にあたる近親者の場合は3ヶ月程度が服喪期間と見られ、年賀状を送る時期がこの服喪期間に重なっていた場合は、年賀欠礼として喪中はがきを送ります。
送付時期】送り先相手が年賀状を書き始める前、10~12月上旬頃に届くよう準備して送付するのが通例ですが、12月中にご不幸があった場合や、やむを得ずその期間中に喪中はがきを出せなかった場合等は、松の内があける1月7日頃に『寒中見舞い』としてご報告・ご挨拶のお便りを送ります。

喪中はがきの絵柄と文例

喪中チラシA4

>>喪中はがきの絵柄はコチラ(PDF3.3MB)<<

>>喪中はがきの文例はコチラ(PDF1.8MB)<<

喪中はがきQ&A

  • 喪中はがきはいつ頃までに先方にお出しするとよいでしょうか?
    できるだけ早く出すことをおすすめします。先方が年賀状を準備する前にお出しするのが一般的です。12月初旬には届くようにするのが良いでしょう。
  • 喪中の挨拶状を出す範囲は?
    一般的には本人から見た2親等までの不幸とします。世帯を別にしている場合は必要ないという風潮がありますが、本人と絆が深く喪に服したいご意向がある場合は、喪中の挨拶を出しておられます。

喪中 続柄

  • 亡くなった方の呼称は?
    とくに決まった言い回しはありません。両親の場合は「父」「母」が一般的であり、結婚されている方は差出人が夫婦連名であることが多く、どちらの父母がなくなられた場合でも「父」「母」と記せば問題ありません。
    結婚したことにより親が4人になったという考えに基づいています。
  • 亡くなった方の年齢は?
    一般的には満年齢ではなく「数え年」の年齢で表現します。
    「数え年」とは生まれた年も1歳として数える年齢です。(以降元旦を迎えるごとに1歳ずつ加えていきます。)
年齢

寒中見舞いはがき印刷

受注期間:2019年8月~2020年1月

寒中見舞い

寒中見舞いとは・・・・・
寒中見舞いは、寒さが厳しい季節に送る季節の便りの一つです。
松の内(1月1日~7日)があけてから出すのが慣わしで、年賀状を出すのが遅くなってしまった場合や、頂いた年賀状・寒中見舞いへのお返事としてお送りするものになります。
その他、喪中の方に年賀状代わりの挨拶状としてお送りしたり、喪中のご報告が間に合わず年賀状が届いてしまった場合のお詫びの手紙としてお送りします。
送付時期・・・・・
寒中見舞いは松の内があけてから立春(2月4日)までの間に出すのが慣わしです。
手紙を投函してから送付先に届くまでの時間を逆算して考えると、三が日を過ぎてから挨拶状を用意するとなった場合は、この寒中見舞いを送るようにすると良いでしょう。
立春を過ぎた場合は『余寒見舞い』としてお便りを出します。

 

寒中見舞いはがきについて

本来年賀状を出す時期が済んだ後に出す季節の挨拶状ですので、松の内(元旦~1/7)明けから立春(節分の翌日2/4)までに出すのが一般的です。
また、下記のような場合にも使用します。

    • 時期的な都合から喪中の挨拶状を出すことができず、
      年賀状を受け取ってしまった場合。

    • 喪中はがきを受け取った人が喪中であることに気づかずそれを陳謝する場合。

  • 年賀状をついつい出しそびれてしまった場合。

寒中見舞いの絵柄と文例

寒中デザイン2019

このページに掲載の価格等の情報は2019年8月時点のものです。
商品の仕様、価格などが予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。